女の人

50代の基礎化粧品を知りましょう|お淑やかなお肌

ダメージから肌を守る

鏡を見る女性

角質層が傷ついている

肌はいくつかの層から構成されています。その中で表皮の最も上のところにあるのが角質層です。この角質層は皮脂や生来の保湿性物質などによって水分が保たれ、肌に有害な化学成分や雑菌などが肌の内部へ入り込んでこないように防いでいます。ところが敏感肌の場合には、この角質層が傷ついていたりひび割れていたりして、有害な物質を防ぐことができにくくなっています。このために敏感肌の人はちょっとした刺激でも肌が赤くなったり、かゆくなったり、ひどい場合には湿疹ができたりしてしまうのです。もちろん、化粧品に対しても普通肌の人に比べて肌トラブルが起こりやすくなっています。したがって、普通肌用の化粧品ではなく敏感肌用の化粧品を使う必要があるのです。

セラミドで肌細胞を保護

敏感肌の人の場合は普通肌ならなんでもないような化粧品成分でもかゆみが出たりピリピリしたりすることがあるので、化粧品の使用を控える人も多く見られます。ですが化粧品を全く使わなければ紫外線対策も保湿対策もすることができません。そうなると紫外線のダメージや乾燥によるひび割れの悪化などが起こり、ますます敏感肌の程度が重くなってしまいます。幸い、最近では敏感肌の人でも肌にトラブルを起こさず使用できる化粧品が多数登場しています。敏感肌用化粧品は、傷ついた角質層がそれ以上ダメージを受けないように天然のバリア層に代わって保護する成分を含んでいます。また、肌細胞をつなぐ役割をするセラミドを浸透しやすい形で配合し、敏感肌の修復を促す作用も持っています。